【ペン字】横線、縦線、曲線の引き方、超基礎

 f:id:to3Eto:20170116181903j:image

 

線をまっすぐ引くための練習方法を書きましたが、もっと具体的にどうやって書くか、力の入れ具合や、ペンの動かし方、姿勢についても書きたいと思います。かなり色々な本を読みましたが、こういうことについて触れている本は多分なかったと思います。上手い人にとっては当たり前に出来ることなんでしょうけど、ヘタな人にとっては感覚で片付けられてしまうと、そこでおしまいです。

 

縦線

縦線は基本ゆっくり書きます。動かし方は人差し指を使って手前に押してくるように動かします。横線は手首を動かせば書けますが、縦線はこの動きでしか書けません。ペンを置いて一瞬ためて、ゆっくり手前に引いてくる感じです。

 

横線

横線は縦線と比べていくつも要素があります。横線を書くときに手のどこが動いているかというと、手首です。手首が横に動くことで横線が引けます。なので、このときに手首に角度がついていると、横線は右に上がってしまいます。こうならないために手の位置をペンを持ってる方の肩の前で書くようにします。この位置なら手首を動かしたときに真横に無理なく動かせるので、線が右に上がってしまうのを防げます。

それと、書くときのリズムも大事です。まず線を引く前にペンを紙につけて一瞬置きます。それから力まずにスッと真横に動かします。最後はピタッと止めます。トン、スー、ピタ。みたいなリズムです。この最初にしっかり止めるのは大事で、これが出来るようになると横線のクオリティは上がります。

 

曲線

曲線はゆっくり書きます。曲線のある字はひらがなが多いです。あ、お、ゆ、や、ね、の、ひ、わ、ぬ、め、む、も、などどの字も大きいカーブです。書き順のリズム的にもゆっくり大きく書くのが自然ので、イメージはつかみやすいかと思います。等間隔に渦巻きを書く練習が効果的です。これが出来てくるとひらがなは変わってきます。