読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ペン字】線の練習の次にやること お手本を見つける

ペン字

f:id:to3Eto:20170116182950j:plain

 

 

縦線、横線、曲線ぐるぐるが出来るようになったら、ここでお手本を手に入れるといいです。このときの選び方は、なぞる本よりも理論が書いてあるもの、さらに、自分が書けるようになりたい字かどうかで選ぶのをオススメします。中には、このお手本あんまり上手じゃなくない?と思えるものもあります。ぜひ実際に中身を見て決めた方がいいです。1冊に絞らなくても、漢字はこの先生の本、かなはこの先生と分けてもいいと思います。

 

 

[図解]みるみる字が上手くなる本

[図解]みるみる字が上手くなる本

 

 

 

[筆順付き]ペン字三体字典

[筆順付き]ペン字三体字典

 

 

僕のオススメは田中鳴舟先生、山下静雨先生、中塚翠涛先生の3人です。なぜこの3人かというと、田中、山下両先生はペン字のスペシャリストです。書道全般の先生のお手本もいいですが、ペン字のプロのお手本の方が使いやすいです。また、この両氏の著書には細かな解説、ペン字の理論がたくさんあり、より具体的に学べます。

 

もっと「きれいな字!」が書ける本 (知的生きかた文庫)

もっと「きれいな字!」が書ける本 (知的生きかた文庫)

 

 

中塚先生は書家なので、硬筆ももちろん綺麗ですが、その作品をいろいろ見ることでペンや筆で遊ぶ面白さを教えてもらえます。ペン字、硬筆はきちんとしたものなので、そこから少し発展した字、こんな風に書けるようになれたらという目標をつくるのに参考になると思います。

 

 

美文字のすすめ (幻冬舎文庫)

美文字のすすめ (幻冬舎文庫)

 

 

ペンが動かせるようになってきたこのタイミングで、いいお手本を見つけてマネましょう。