読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ペン字】ペン別に練習する

ペン字

 f:id:to3Eto:20170116183003j:image

 

実用的な目的でペン字の練習をするなら、何種類かのペンを使うのをオススメします。普通は自分の書きやすいペンを使って練習するかと思いますが、それだと外で字を書かなければいけない時に、いつもの書きなれたペンじゃないから上手く書けない、というのは嫌なので、色々なペンで普段から練習しています。で、色々試した結果、3種類あればどこでどんなペンを渡されても大丈夫なんじゃないかと思いました。

 

ペンはこの3種類

今、圧倒的に多いのがジェットストリーム。それの¥150の一番手頃なタイプ。ケータイショップの受付でも、銀行でも、これが多いです。このペンが書きやすいという人は多いみたいですが、僕は滑って書きにくいです。そういう意味でもこのペンでの練習が必要です。

 

 

 

次はパーカーのジョッター。このペンはジェットストリームと真逆で滑らかではなく、書き始めがかすれたりすることもある昔からあるボールペンの感じに近いです。こういう感覚のペンでも書けるようにするためと、デザインがカジュアルさとフォーマル感と両方ある雰囲気なので、見せペンとして1本持っておいてもいいペンだと思います。値段が¥1000くらいなので、ジェットストリームに比べると桁が1つ違います。放置するとインクが出にくくなるので、マメに書いてください。

 

 

パーカー ボールペン 油性 ジョッター フライター S1140312 正規輸入品

パーカー ボールペン 油性 ジョッター フライター S1140312 正規輸入品

 

 

3つめはパイロットのデスクペンです。これはルックスがホテルのフロントにあるペンに近いので選びました。ホテルのペンよりはスルスルと滑らかで軽い書き心地です。ジェットストリームっぽいかもしれません。¥500くらいだったかな。文房具店でデスクペンというと、万年筆タイプのほうが出てきちゃうかもしれないので、ポールペン売り場で探してください。

 

 

 

あと、鉛筆でも練習しておくといいです。なんの鉛筆でもいいと思います。正式な書類じゃなくて、図書館カードの申し込み用紙のところなんかには、ボールペンより鉛筆が置いてあることが多かった気がします。あと、これから免許を取る人だったら試験では鉛筆を使うので、そんなときのために。でもハッキリ言って、油性のポールペンで上手くかければどのペンでも大丈夫だと思います。

 

ペンが変わったらどうすればいい

じゃあ、ペンが変わったときに何をどう変えるか?持ち方ができていれば、変えるのは筆圧です。ちょっと強めにしないとインクが出づらいペンと、滑らかでスルスル滑るようなペンでは筆圧を変えてみると上手くコントロールできるかと思います。滑りすぎるなと思ったら、まずは持ち方をチェック。3本の指の接地面が少なくないか見ます。それがオッケーなら、力が入りすぎてないかチェックします。滑るからといって押さえつけようとすると、かえってブレます。少し力を抜いてみると書きやすくなることがあります。このへんの調整力をつけるために、3本のペンを使って練習してます。

 

ゲルインクペンはどうなの?

この本によると、ゲルインクペンが書きやすくて上手に見えるとありますが、どこに行っても上手く書けるようになりたい、という目的だと油性のポールペンで書くのが絶対です。公式な場面では油性のポールペンしか使われてないっぽいので、ゲルインクペンは使ってません。

 

広告を非表示にする