緩やかにデジタルダイエット

f:id:to3Eto:20170210151038j:plain

スマホやパソコンの使いすぎの自覚から、なるべくデジタルなものから距離を置こうとかパッタリやめてしまうという方法まで、デジタルデトックスとかダイエットという考え方があるようだけど、自分には無理だと思っていました。

というのは、もともと四六時中スマホを触っているとか、iPhoneを持ってないと不安になるとかそういうことはないし、割と必要最低限に近い。あ、でも家にいるときはひどい姿勢でMacに向かって何をするでもなく画面を見ていることがあるか。まあだけどそんな感じだから、ダイエットみたいなことは考えてこなかった。

まずdマガジンをやめた

でも、ちょっとだけ自覚をしたのがdマガジンを使い始めてからの時間の使い方。読み放題とか見放題というのはとってもありがたく、とっても得なのだけど、今まで手に取ったこともないものまで見るようになったことで、結果的に画面を見ている時間がかなり長くなってしまいました。雑誌って毎日何かしら発売されてるし、今日は何があるか毎日チェックしてしまうし。というわけで、これを解約することから緩やかなデジタルダイエットをスタートしました。

ニュースは海外メディアのものだけ

次に、ニュースの見方を変えて見ました。ニュースの見方は職業や興味によるところが大きいかと思います。僕の場合は特に何を見ておかないと困るというのもないのですが、そうすると日本のニュースって要らなくない?というふうに思えてきたのです。知りたくないような他人のトラブル、変な人の存在と事件、知りたくもない芸能人のプライベート、政治家の幼稚な争い。そんなんばっかりじゃないですか。そこで、年末から思い切って日本のニュースが見られるもの、アプリとかを全て海外のニュースのものに変えました。英語は勉強中なのでほとんどわからないニュースばかりですが、英語がわからないとニュースもわからない、という状態にすることで海外に住んでるような感じになっています。

iPadを手放しました

iPadは、2が出てから今まで何台も買い換えていて、常に持ち歩いていました。つい最近まで使っていたiPadはAir2だったのですが、もう2年使っていたこともあって今年は買い換えどき。多分今年も3月か4月ごろに新モデルが出ると思うので、それに買い換えます。じゃあ、今手放してしまってしばらくはiPadなしの生活にしてみよう、と思い立ちました。今のところ特に不便もないです。iPadでだけやっていたことは、英語の勉強用のアプリを使うのとGarageBandだったのですが、勉強はアプリじゃなくても他にいくらでもあるし、GarageBandiPhoneでちゃんと動いているので、なんとかなりそうです。でも大きい画面が欲しいということはあります。

デジタルダイエット的には、コンテンツ消費のためにデバイスを使う時間は減らし、アウトプットや学習のために使うという考え方でいこうと思います。

広告を非表示にする