読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

iPhone&iPad用iMovieの使えるワザ

iMovie 動画

youtu.be

最近はすっかりMac用のiMovieを使って編集していますが、最初の5本くらいはiPhoneiMovieだけで編集していました。その時にiPhone版ではこの機能が使えないのか、と思っていたことができたり、それをどうやればいいかが分かったので、忘れないように書いとこうと思います。

クリップはスワイプでカットできる

これはMac版にはない機能で、iPhoneiPadの iOS版だからできる機能です。クリップをタップして選択状態にしたら、再生ヘッドを分割したいところに移動させます。この状態で、再生ヘッドのところを指で上から下に向かってスワイプします。すると剣でスパッと切るようにクリップが分割されます。これ気持ちいいです。このためにiPhone版使いたくなるくらいです。クリップの分割はこの方法じゃなくてもできるのですが、一度覚えるとこっちばっかり使ってます。

オーディオクリップは好きな場所に移動できる

これ、やりたいけどできないと思っている人も多いようですが、できます。GarageBandで作った曲をiMovieに入れて使っているんですが、音楽がなり始めるのを動画の最初からではなくて、自分の好きなタイミングにしたいと思ってドラッグしてみるんですが、元の場所に戻ってしまって動かせないんですよね。 でも、オーディオクリップをタップして選択した状態で、画面右下を見ると「前面」という項目があるはずなのでそこをタップすると、好きな場所に動かせるようになります。もしかしたら、前面に移動させることでムービークリップとの音声のバランスが変わるかもしれません。僕の場合はムービー側の音は消してしまって、音楽をメインにしてしまうのでよくわからないですが。

KenBurnsエフェクトの時間は変えられる

最近これを知ったことでiPhone版に戻ろうかと思ったくらい。KenBurns(ケンバーンズ)エフェクトは写真を入れた時には自動で4秒に設定されているので、エフェクトの時間も短いし動きも早いです。このエフェクトを4〜5分くらいかけて、1曲の時間全部にして超ゆっくり、ジワーッと拡大していくようにしたい。Mac版では自分でこのエフェクトの時間を変えられるのですが、iPhoneではできないと思ってました。でも、Mac版より簡単です。 写真のクリップを選択して、クリップの端を伸ばせばいいだけです。あとは最初と最後の範囲を選択すれば、思いっきり寄ったところから全体に引いていくという動きやその逆もできます。

出来上がったのがこれです。

www.youtube.com

広告を非表示にする