Apple Pencil(第1世代)の入れ物にリヒトラブ、bloominシリーズのトレー型ペンケース

f:id:to3Eto:20190406104941j:image

 

 

 

最近はiPad ProとApple Pencilといえば、本体の横にペンシルがピトッとくっつくようになりましたが、ホームボタンがある前のモデルを使っていると、普段Apple Pencilをどこに置くか、どうやって持ち歩くかが常に気になるところ。


今、12.9インチのiPad Proをフェルトのケースに入れていて、そのケース内のポケットにApple Pencilを一緒に入れています。このポケットにはアップル製のBluetoothキーボードも入るので、iPad Pro関連のものはこれにセットにして持ち歩いています。

 


じゃあ、いいじゃん。

 


という話ではなくて、Apple Pencilを持ち歩くのはいいんだけど、これだとポケットに入れてしまうと目につかない。今ここにあるよ、という感じで存在してないとパッと取り出してサッと使うのに不便。

 

f:id:to3Eto:20190406105047j:image

 

で、最近買ったペンケースにApple Penciを入れてみたら、キレイに収まって解決。普通のペンケースに入れてしまうと、中をガッと開けて探す感じになるのだけど、これの場合は全開にするとトレー型になってくれるので、Apple Pencilが入っているのが一目で分かる。


このペンケースにいつも入れて持ち歩いて、ガッと開いて置いとけば常に視界にApple Pencilが入ってる。本体にくっついているのにはかなわないけど、今まででになくApple Pencilが身近になった。


ちょっと気になったことと、その解決策。素材がシリコン製でとてもやわらかいので、全開の状態から閉めるときには、ちょっと閉めにくい時がある。でもそれは閉め方が悪かった。持ち手を両方しっかり引っ張れば、スルッと閉まります。

 

f:id:to3Eto:20190406105105j:image


他の製品も好きなリヒトラブ。これもやっぱりいいです。スルスルとした気持ちのいい手触りとか、優しい色味、ジップ部分の質感もすごく良い。もしここがもっとテカテカと光っていたら全然別物になってた。流石です。リヒトラブ、ラブです。